大和高田市議会議員

HOME > 活動報告

活動報告

これが悪質商法・消費者問題パネル展 



大和高田市ロゴ 市役所ロビーで19日~22日まで展示

      消費者トラブルや高齢者を狙う悪質商法を展示。

   催眠商法。

   点検商法。

   マルチ商法。

   悪質な住宅リフォーム。


     

  主な手口


(1)

駅前や商店街などの街頭で歩行者に対して無料で商品が貰える又はくじを引かせて当選したなどと言って近くに設けた仮設会場に案内し、約1時間かけてサポーターや様々な日用品を配布した後、数十万円もする寝具や健康食品などを紹介・勧誘する。なお、街頭で声を掛けた際、勧誘商品が記載されたチラシなどを配布するが、裏面に記載又は別の誘引効果の高い目的を強調することにより消費者の認識度を下げている。
 

(2)

商品を説明する際、消費者の抱えている健康不安をあたかも   解消できるかのようなトークにより洗脳し、勧誘する。
 

(3)

価格について、根拠のない相場や今日だけ特別割引などと言って煽り、あたかも非常にお得であるかのように誤信させて購入を促す。
 

(4)

会場はビルの空き店舗や飲食店、ホテルの会議室など密閉された 空間であるため、途中で帰ることができず、止むを得ず契約。
 

(5)

最初に無料の商品を「欲しい人は手を挙げて」などと消費者と事業者が一体となって次々と配布し、最後に高額な商品を紹介するため、会場の雰囲気に飲まれてしまい、積極的な購入意思はないが その勢いで何となく契約。


(報道発表資料より)

                      
 市役所・広報情報課で消費生活相談室を祝日を除く毎週・火・  木・金曜日に相談窓口を設置しております!

活動報告一覧へ戻る

▲ページの先頭へ戻る