大和高田市議会議員

HOME > りきのり通信

りきのり通信

第一章 さいかち娘 (曽大根)

          

                     第一章 

                   さいかち娘




高田のまちの中心から南ヘ寄った在所、曽大根の中を南北に流れる川があってな、その上の方の橋ぎわに、さいかちと言う古い木があって

この木というのは、葉の先に芽か茎のようなものが出て実がつくという珍しいもんなや。

img0250.jpg


ところでこの(さいかち)の木の根っこに昔から年を経た(蛇)がすんでいるということで、えろうこわがられていたことやがな。

いつのころからか、木の根っこに(蛇)の好きな(にわとり)の卵を入れた(かご)を置き、そこへ手伝ってもらいたい田や畑の場所を書いた紙きれを入れておくと朝の早ようから、

どこからきたのか、かすりの野良着に(ねえさん)かぶりの若い娘が、たのんだ人の田や畑で仕事をしてくれるんや。

それがすむといつのまにやら姿を消しているということで、さいかちの木の根にすむ蛇の化身で、さいかち娘と呼んでありがたがり、えらい人気やった。

img0249.jpg

ただ、この娘はいつも手ぬぐいでかくして、人にはめったに顔を見せんもん

やから、若い男衆たちは、何とか(さいかち)娘の顔をふり向かせようと、

唄ったり踊ったり苦心したんやがどうにもならず、考えついたのが白い石の(にせ)の卵をかごの中へ入れることやった。

(さいかち)娘の蛇は、それを知らずにのみこんだから、さあたまらない、

苦しさにもがきもがいて、とうとうふり向いたその顔は、(かすり)の着物に紅いたすきのやさしいうしろ姿とはことかわり、

二つの目はらんらんもえ口は裂けて火のような舌を吐きながら、若い男衆たちを追いかけてきたやないか。

img0242.jpg

蛇や、蛇や、えらい蛇や、若い男衆たちは日ごろの元気はどこへやら、だれもかれも命からがら家ヘ逃げ帰ったんやが、

とくに悪さをした一人は、最後まで追いまわされてやっと家までもどり、戸をしめ、ふとんを頭からすっぽりかぶったまではよかったが、

一晩中、えらい熱にうなされて、あくる朝とうとうあの世ヘ行ってしもうたそうな。

かわいそうに。

今も、(さいかち)の木には蛇がすむからと、ここを通るときには手を合わせる人が多いことやで。

img0243.jpgimg0238.jpg
img0253.jpg

※本文と絵は大和高田の民話絵本より。
歩く人 高田の民話と伝承の郷、11ヶ所を訪ね歩いてきました。

   1話づつご紹介いたします。

りきのり通信一覧へ戻る

▲ページの先頭へ戻る